TOP

初心者やこれからキャバクラデビューしようと考えている人へマニュアルを書いてみました!

キャバクラが導入している歩合制とは?


キャバクラで働きたいと思っている皆さん!優良店多数のキャバクラ求人探しはここのサイトがおすすめですよ!実はキャバクラには時給以外にももらえるお金があるってご存知ですか??キャバクラ店の中には、頑張れば頑張るほど自分にお金が入る「歩合制」を導入しているところが多いです。歩合とは、売上高や出来高に応じた報酬のこと。つまり時給にプラスしてもらえる、自分が頑張った分のお給料ってことですね♪ということで、キャバクラで歩合になるものには、どのようなものがあるのかまとめてみました!【1.本指名】お客さんが来店時にお金を払って目当てのキャストを指名することを「本指名」と言います。そのキャスト目当てでお店に来店するためバック率が高いです。お店によっては指名料全額バックの場合もあります。自分の指名客を増やせば増やすほど、お給料はどんどんアップします!【2.場内指名】お店にいるキャストの中から気に入った子を指名することを「場内指名」と言います。本指名より歩合の待遇は良くありませんが、本指名してくれるお客さんがいないキャストにとっては重要です。場内指名をしてくれたお客さんの中から、本指名客になる人もいるかもしれません!【3.同伴】出勤する前にお客さんと食事などのデートを楽しむことを「同伴」と言います。1時間遅く入れますし(時給も付きます)、バック額も大きいです。【4.ドリンク】お客さんからドリンクをおごってもらう場合、女の子にはドリンクバックが付きます。お酒の額によって異なりますが、1杯200円~500円ほど女の子に支払われるんです!飲めば飲むほどバックが入るため、お酒に強いキャストは稼ぎやすいです。歩合制になっているものは、大まかに以上の4つとなります。一見どれも同じようなシステムに見えますが、もらえる額がかなり変わってくる場合も!!お店によって導入しているシステムは違うので「予想してたお給料と違う…」とならないよう、面接時や入店時には必ずお給料のシステムをスタッフに聞いておくのがおすすめですよ!

借金返済のためにキャバクラ入店

田舎に住んでいる私の母がオレオレ詐欺に遭ってしまい、父の会社のお金に手を付けたことで多額の借金を背負ってしまいました。急なことで家族みんながぎくしゃくし、関係も壊れてしまいそうになったんですが、どうにか話し合ってみんなで借金を返していこうという話になりました。私は昼間OLをしているのですが、その給料だけではあまり足しにならないので夕方からの掛け持ちのバイトを探すことにしました。母はパートを始め、父は大好きだったゴルフもお酒も止めました。みんなが身を削って借金を返すために努力していたのですが、額が額なので私は掛け持ちのバイトにキャバクラを選びました。両親は絶対に反対するだろうと思い、カラオケ屋のバイトとウソをついて面接に行くことにしたんです。出来るだけ早くたくさん稼ぐには水商売が一番だと思ったんです。幸い、キャバクラではしっかりとしたアリバイ作りなどをしてくれてとても助かりました。あっさりお店に入店させてくれて、その後あっという間に100万、200万と貯まっていき、やっと借金を返済することが出来ました。ただ、私はキャバクラでの稼ぎに味をしめたので、本業がキャバ嬢になってしまいました。

寂しさを紛らわすためにキャバクラでお仕事デビュー

私の夫は長距離トラックのドライバーをしています。長距離トラックなので北は北海道から南は九州まで日夜走り回っています。そのためトラックで寝泊まりすることも多く、自宅には週に一日帰ってくるかどうかといったところです。結婚して最初の頃からそんな感じだったので、私はとにかく家に一人でいるのが寂しくて、外に出るようになったんです。とはいっても夫の給料で遊びまわるのは気が引けたので、自分で稼ごうと思いつきました。お酒が大好きで夜型の私にぴったりな仕事と考えたときには、キャバクラ以外には風俗ぐらいしか思い浮かびませんでした。早速キャバクラ求人を探して面接に行くと、思ったよりもお金がもらえることがわかり、張り切って働くことにしました。男性とのおしゃべりは楽しいし、寂しさを紛らわせるのには最適でした。大好きなお酒もタダで飲めるから、むしろ節約しながらお金が稼げるという感じで、あっという間に貯金が出来ました。新人キャバ嬢のときからお給料高くてびっくりしますよ!

子供のためにキャバクラで働いてます

私には二歳になる男の子が一人います。十代でデキちゃった結婚をしたんですが、子供が産まれて間もなく旦那が働かずに借金ばかり作ってくるので離婚。両親は子供を産むことをずっと反対し続けていたので、結婚と同時にほとんど勘当のような形で家を出ました。家を出てから連絡を一度も取っていないので、離婚したからと言ってのこのこ出戻るような真似はできず、キャバクラ求人を探していました。正直、この子だけは私がしっかり守らなくちゃっていう想いしかなかったですね。キャバクラだろうが風俗だろうが、この子との幸せな生活の為ならなんでもできるって思えたんです。幸い、身長も高くモデル体型だったのでキャバクラ求人の面接では即採用してもらいあっさり働き始めることができました。新人のときから気に入ってくれるお客さんもいて、今では常にナンバーをキープするまでになりました。夜、仕事に出ていくときは託児所に預けています。子供と二人、これからも苦労を掛けることが多いかもしれないけれど、今のうちに出来るだけ貯金をして一緒にいる時間を確保できたらなと思っています。

出会いを求めてキャバクラに入店

私が住む街には、毎年多くの観光客が訪れます。そのため、市街地にあるキャバクラにもたくさんの観光客の方が来られます。私がキャバクラに面接に行ったのは、外国人観光客と仲良くなりたかったからなんです。私はハーフに憧れていて、子供は絶対ハーフが良いって思っていたので、結婚相手は外国人をと思っていました。でも、実際外国人との出会いの場所なんてほとんど無いんですよ。海外旅行をしても外国語がしゃべれないので簡単な会話しか出来ず深い仲になるなんて到底無理だし、道を歩いている外国人にいきなり付き合って下さいなんて言っても、ただの変な女としか思われないので、どうしたらいいかずっと考えていたんです。そこで行きついた結論が、キャバクラだったんです。おこづかいを稼ぎながらお金を持ってる外国人と仲良くなれるなんて、一石三鳥ぐらいじゃないですか?あるキャバクラに面接に行ったら雇ってくれたので、今はキャバで稼いだお金で必死に外国語の勉強をしながら、将来の旦那さん候補を物色しています。